比例コンパス

投稿日時:2009.11.10 (火)  20:57:31カテゴリ:道具

 

日本刀の多くには鎬(しのぎ)があります。
作るときに手鎚で打ち出していきます。

その後の工程でより精度を高める為、「比例コンパス」を使います。



平均的な刀の平地と鎬地の比率は2:1です。
ですのでメモリを3にあわせます。


これで、開くと両端の比率が3:1になります。



これを刀の刃先から肩の幅にあわせます。



同じ場所でコンパスの幅が変わらないようにして、反対をあわせます。



これを基準にして鎬を銑(せん)や砥石でそろえていきます。

刀によって比率を変えたりします。
このほかにも「比例コンパス」は重宝いたします。